Tuesday, 29 March 2011

永住ビザ


2011年3月、結婚3年が経ったので
外国人の夫が日本の永住ビザを申請しました。


永住ビザは、日本国籍や永住権を持つ家族がいない限り、
10年以上滞在し、さらに日本国に貢献する業績がないと
基本的には取ることができません。
とっても難しいビザです。

日本人の配偶者がいて配偶者ビザを既に取っていれば、
結婚期間3年以上で永住ビザを申請できます。


さて、申請場所について事前に電話で確認したところ、
横浜に住んでいるので、横浜支局に行くようにとのこと。
とても遠い所にあります…


4月には現在の配偶者ビザが切れてしまうので、
その更新手続きもしなければなりません。

ということで、今回は

1 配偶者ビザ更新申請
2 永住ビザ申請
3 再入国申請

を一度にしました。
だぶる書類は、1部だけ用意する。

今回無事に受理された書類等を挙げます。
  • 本人の外国人登録原票記載証明書
  • 本人のパスポート(「申請中」の印だけ押され、すぐ戻されます)
  •  本人の納税証明書
  •  本人の課税証明書
  •  本人の在職証明書
  •  日本人配偶者の住民票
  •  日本人配偶者の戸籍謄本
  •  日本人配偶者の課税証明書
  • 日本人配偶者の納税証明書
  •  身元保証書(日本人配偶者の署名と印)2通
  •  在留期間更新許可申請書
  •  永住許可申請書
  •  再入国許可申請書
  •  参考資料(必要ないですが、仕事の成果を証明する書類を添付しました)
もちろん、夫婦の仕事の有無や税金の有無によって
提出書類は違うので、事前に
電話で聞いてみることをお勧めします。


これで問題がなければ葉書が来ます。再び入国管理局へ行き、
申請許可料を払ってパスポートにビザを付けてもらいます。


待ち遠しい!

<追記>

在留期間更新許可と再入国許可の通知はがきが1週間後に来ました。
大震災の影響で外国人が少ないからでしょうか?早いですね!